篠山市長ブログ

青年海外協力隊表敬訪問(市長日記)

平成24年9月23日(日曜日)

 

 平成24年9月~平成26年9月まで、青年海外協力隊で、東アフリカにあるジブチ共和国に、保健師として派遣される長澤真衣子さんが市長表敬訪問に来られました。

長澤さんは、高校生まで篠山市で生活され、大学の看護学部を卒業後、約2年半東京の病院で助産師として勤務されておられましたが、青年海外協力隊に参加される為、退職されました。

中学時代からマザーテレサをテレビで見てあこがれ、篠山鳳鳴高校ではインターアクト部で活躍され、発展途上国で人々の役に立つ仕事をしたいと考えておられたそうです。

病院退職後、約2ヶ月でフランス語をマスターされ、9月25日に出発された後は、1ヵ月間現地の言葉ソマリ語や日常生活の訓練をされて、任務に就かれます。

年間を通して、とても暑い国だということなので、お体に気をつけ頑張っていただきたい。そして帰国後は是非、ふるさと篠山で活躍をしていただくようお願いしました。

20120921_112810.jpg

このページの先頭へ戻る