篠山市長ブログ

中国・大連から表敬訪問(市長日記)

平成24年9月28日(金曜日)

 

 本日、中国・大連市から大学教員の2名の方が表敬訪問にお越し頂きました。

 明日29日に市民センターで開催される、日中国交正常化40年記念講演会で、大連市や大学の留学生事情をテーマに講演して頂く予定です。

 日本と中国は現在、尖閣諸島の国有化をめぐる問題で、交流行事の中止が相次いでいますが、「領土をめぐる争いは政府と政府の問題であり、市民と市民の問題は別である。篠山では、民間同士の交流が深まることを願う。」という思いで、周囲の反対を押しきって来日をして頂いたとのことで、非常にたのもしく思います。

 大連では日本の企業が約3,000社もあり、反日デモもなく落ち着いているとお話し頂きました。

 中国語で挨拶をしようと少し勉強をしました。

・こんにちは→你好(ニーハオ)

・はじめまして→初次见面(チュツーヂェンミエン)

・さようなら→再見(ヅァイヂェン)

 しかし、以前に日本へ留学されていたことがあるとのことで、日本語もとても流暢で、残念ながら私の出る幕はありませんでした。

 日本と中国の友好の架け橋となって頂けるよう、期待しています。

CIMG2452.JPG

このページの先頭へ戻る