篠山市長ブログ

病児保育室「にこにこ」開所!(市長日記)

 昨年度から実施に向けて、篠山市医師会のご協力のもと、進めてきました病児保育事業ですが、施設の愛称を「病児保育室にこにこ」として、2月18日(土曜日)に竣工式を開催し、3月1日(水曜日)からは利用が可能となります。
 病児保育室は医療法人社団小嶋医院へ運営を委託して行うこととしており、小嶋医院西隣にまもなく完成します。施設の様子は、2月18日(土曜日)15時から17時の間、自由に見学することができます。

 病児保育とは、子育てと仕事を両立できるよう、急な発熱や病気にかかられたお子さんをお預かりし、保護者に代わって見守るという事業です。

○利用日時:月曜日から金曜日の8時30分から17時まで
○実施場所:篠山市北45-4(医療法人社団小嶋医院西隣)
○対象児童:次のすべてに該当する児童
(1)生後6か月から小学6年生までの児童
(2)症状の急変はないが、病気等の回復に至っていないまたは回復期で集団保育が困難な児童
(3)保護者の勤務等の都合により、家庭で保育を行うことが困難な児童
○対象となる病気等
 ・「風邪」や「下痢」などの子どもが日常的にかかる病気
・「インフルエンザ」や「水ぼうそう」などの感染症(麻しん、結核、O157を除く)
・「怪我」や「骨折」などの外傷性疾患
※病気の急変の可能性が高い場合や感染性の強い疾患の場合は、お預かりできないことがあります。
○定員:1日概ね4人
○利用できる日数:1疾病につき7日間
○利用料:1日2000円

※現在、事前登録の受付をしておりますので、利用日当日の申込みも可能ですが、スムーズな利用ができるよう、事前の登録をお願いいたします。
 ・受付場所:こども未来課及び小嶋医院
 ・登録様式(事前登録申請書)は、上記受付場所で入手いただけるほか、市ホームページからダウンロードも可能です。

問い合わせ:教育委員会こども未来課(079-552-1115)

IMG_2174.JPG

IMG_2148.JPG

IMG_2157.JPG

IMG_2167.JPG

IMG_2162.JPG

このページの先頭へ戻る