篠山市長ブログ

春分の日にペット告別所開所(市長日記)

 3月20日は、春分の日でした。
 さて、春分の日とは何の日ですか。
 ・・・
 「自然をたたえ、生き物をいつくしむ日」です。

 この良き日に、篠山市では市営斎場にペット告別所が完成し、3月21日から使用が始まります。
 これまでから斎場で、ペットなど動物の火葬もしていましたが、お別れの場所がなく、家族と同じペットなのに粗末に扱われているように感じる、との声が届けられていました。
 そこで、これまで物置としてあった建物を改修して、告別所にしました。
 開所式には、獣医師会の堀井先生、木戸先生や市内の葬祭事業者の方もご参加をいただきました。
 悲しみを少しでも和らげ、感謝の場となればと思います。
 また、あたたかい、命を大切にする篠山市のシンボルになればと願います。

kokubetsusho.jpg

このページの先頭へ戻る