篠山市長ブログ

丹波木綿(たんばもめん)(市長日記)

 篠山市西紀地区に「栗柄(くりから)」という集落があります。
 市民にとって、いちばん知られているのが「斎場」で、みんなそのうちお世話になります。また、栗柄ダム(小規模生活ダム)もあります。
 そして、さらに、大切な施設があります。 
 それは、「創作館」です。
 ここでは昔ながらの伝統技術で、糸を紡ぎ、染め、丹波木綿を織りあげています。
 江戸時代の宝永年間(1710~1740)より、ここ栗柄の里に伝わるもので、農家の嫁や娘が農閑期の冬に織り、一家の衣料とし、栗柄の自然とくらしのなかで、育てられてきました。
 今も、西紀地区を中心に、市内から心ある人が集まり、「丹波木綿」を製作し後世に伝えていこうとしています。
 
 先週末にこの創作館40周年記念の展示即売会があり、多くのファンでにぎわっていました。市役所の応接室にも机のセンターを置いていただいています。
 また、丹波木綿は、デカンショ節にも歌われています。
 「里に響くは 機(はた)織る音よ 丹波木綿の子守歌」西澤恵子さん作
 (日本デカンショ節大賞平成27年度優秀賞受賞)
 
 なお、創作館は住所・連絡先は、下記のとおりです。
 篠山市栗柄1319 TEL 593-0922
 活動日:月~金曜日 9:00~16:00(祝祭日は休み)
 ※お越しの際は事前にご連絡ください。
 
 
DSCN0121tate.jpg
 
DSCN0155.JPG
 
DSCN0095.JPG
 
DSCN0089tate.jpg
 
DSCN0086tate.jpg
 
DSCN0093tate.jpg
 
DSCN0130.JPG
 
DSCN0143.JPG
 
DSCN0152.JPG
 
IMG_6058.JPG
 
IMG_6064.JPG
 
 
 
 
 
 

このページの先頭へ戻る