篠山市長ブログ

チルドレンズミュージアムの新しい管理候補者を選定(市長日記)

平成24年10月26日(金曜日)

 

 休館中の篠山チルドレンズミュージアムについて、新しい指定管理候補者を選定しました。

 正式には12月の市議会で議決をして頂くことになります。

 新しい事業者は、株式会社Dreamaway(ドリームアウェイ)と地域のミュージアムクラブの共同運営で、人形劇団クラルテも参画して頂けます。

 事業計画では、ボランティア団体として運営に携わってきた「ミュージアムクラブ」が主体となり、そのノウハウを活かし地域と連携したワークショップやイベントが企画され、課題であった地域連携を重視して地域と一体となって取り組む内容や、株式会社ドリームアウェイが主体となる音楽イベントやワークショップ、人形劇団「クラルテ」が主体となる人形劇の上演など、市民利用を促進する活用も計画され、更に市内の幼稚園、保育園、学校等を訪問し「人形劇や音楽のワークショップ」など、定期的な実施を計画されています。

 収支計画については、事業規模は2,500万円を予定し、篠山市に求める指定管理料は初年度「1,200万円」となっています。料金については、現在の体系がほぼ踏襲され、市内の子どもは無料とするとともに、開館日等については、長期休暇以外の平日は原則休館や冬期休館など可能なかぎりの人件費等の経費節減に努力されています。

 ドリームアウェイの吉田真知子さんは、もともと音楽家で、歌声喫茶のようなこともしたいし、子ども達に歌や楽器も教えたいと語っておられます。

 ミュージアムクラブの代表垣内敬造さんは地元の方で、何とかこのちるみゅーを残し、活用したいという熱い志高く、館長として、活躍して頂きます。

 人形劇団クラルテは、創立64年の実績ある劇団で、私も昨年、田園交響ホールでの公演を見ましたが、大変楽しく、子ども達は大喜びと思います。

 篠山市としては、大変心強い、そしてありがたい選定となったものと思います。

 これなら市内、市外からも子ども達が楽しみに来てくれることとなりますし、地域の大人たちも、グラウンドゴルフや歌声サロンに参加でき、東部地域の活性化も大いに期待できると思います。

SKMBT_C45112102613140.jpg

▲人形劇団クラルテの活動

このページの先頭へ戻る