篠山市長ブログ

六古窯日本遺産活用協議会(市長日記)

 丹波焼など日本六古窯(丹波、信楽、備前、越前、瀬戸、常滑)が「きっと恋する六古窯―日本生まれ日本育ちのやきもの産地―」で日本遺産に認定され、その協議会が設立されました。

 京都市に六市町の市町長、産地の代表、教育や観光の関係者が集まり、これからの連携を約束しました。
 六産地を紹介するホームページやパンフレットの作成、特別企画展を六産地で開催、映像を作ってのPRなどの事業を進めます。

 平成27年11月に篠山市において、登り窯の修復火入れとあわせて日本六古窯サミットを開いた際に、日本六古窯としての日本遺産認定をめざす宣言をしたのです。それから1年半、備前市を中心に準備作業をしていただき、希望がかなえられました。

s-P6210344.jpg

▲右が丹波立杭陶磁器協同組合 理事長 市野力(つとむ)さん

P6210338.JPG

 

このページの先頭へ戻る