篠山市長ブログ

ホテルルートインが篠山市に進出の計画(市長日記)

 6月23日、全国や海外で320施設のホテル等を経営されているルートインジャパン株式会社の永山勝利会長が、篠山市にお越しになり、商工会や自治会、観光協会や旅館業組合の関係者など約100名を前にお話と意見交換をされました。

 永山会長は、歴史的なまちなみや文化が残る篠山市に、ぜひホテルを建設したいとの熱い思いを持っておられます。「篠山のように古いまちなみが残っているところは、日本中探してもない。飛騨高山よりも上だ。日本人が失ってしまったものを篠山は持っている。そのような、歴史や文化を受け継いでこられた篠山の人が宝だ。」と外から見た篠山市の魅力を語ってくださいました。

 篠山市観光戦略の中でも、観光客の滞在時間数を伸ばし、宿泊客を増やすという課題があります。これまで市内で経営されている宿泊施設にとっては、お客さんがとられるのでは、との心配がありますが、永山会長は、「旅館に来るお客さんは、人とのつながりを求めて来られるし、これまでのお客さんをとろうとは全く思っていません。丹波篠山の魅力を全国に発信して、国内外から新たな観光客を呼び込みたい。」と話されました。

 ホテルの構想としては、河原町重要的建造物群保存地区に隣接するJRバス所有の土地に、和風の3階建て150室のホテルを予定されています。

4580228C-474E-4520-B3AF-43D145700B33.JPG

このページの先頭へ戻る