篠山市長ブログ

消防救助技術の近畿地区指導会(市長日記)

近畿地区の消防隊員の救助技術を競う大会が、三木市の兵庫県広域防災センターで開かれました。

陸上の部では、ロープブリッジ渡過、はしご登はん、障害突破など、水上の部では、溺者搬送、人命救助、水中検索救助などの種目があります。

 

篠山市消防本部からはロープブリッジ渡過などに出場、県下で1位になれば全国大会に出場となるのですが、残念ながらあと一歩でした。よく健闘しました。

(なお、ロープブリッジ渡過とは、水平に展張された渡過ロープ20メートルを、往路はセーラー(水兵渡り)、復路はモンキー(猿渡り)で渡るもの)

 

それにしても、この大会には家族や友人など、若い女性が大変多く見に来ておられ、隊員も力が入ったことと思います。

また、歓声もひびく迫力があるものでした。

 

201707251814.JPG

201707251815.jpg

このページの先頭へ戻る