篠山市長ブログ

篠山市菊花展(市長日記)

平成24年11月8日(木曜日)

 

 今年で第11回目を迎える篠山市菊花展が3日(土)から11日(日)まで開催されています。

 会場の大手前南展示館前では、篠山市菊花同好会の会員が丹精込めて育てられた約400鉢の菊が色鮮やかに咲いています。

 同好会の皆さんの高齢化が課題でしたが、講習会に少し若い女性が多く参加して頂き、後継者も育ちつつあり、出品数も増えました。

 篠山藩由来の「お苗菊」の出品数は全体の約7割を占めます。

 「お苗菊」は旧篠山藩主の青山忠良が江戸幕府から拝領し、家臣に分け与えたとされる純日本種の中菊で、一度満開になった花が、花弁の裏を見せて巻き上がる特徴を持ちます。

 お苗菊、大菊、だるま、福助、ドーム菊など、多種多様な菊花を一目見ようと、今日も多くの方が会場に来られていました。

IMG_3731.JPG

IMG_3779.JPG

IMG_3784.JPG

IMG_3792.JPG

IMG_3808.JPG

IMG_3813.JPG

このページの先頭へ戻る