篠山市長ブログ

角館で全国京都会議(市長日記)

 全国で「小京都」と呼ばれる市町が46あります。
 伝統文化やまちなみ、景観にすぐれたまちです。
 この集まりを「全国京都会議」と呼んでおり、その総会が秋田県仙北市角館(かくのだて)でありました。
 昨年9月には、篠山市で開催したのです。
 その御礼の意味もあって、ずっと新幹線で行ってきました。角館は盛岡と秋田の間です。
 「みちのくの小京都」と呼ばれる、美しいまちでした。篠山市と同じく重伝建(重要伝統的建造物群)のまちでもあります。
 特に有名なのがしだれ桜で、京都からの苗木だそうです。
 桜の時期は特に観光客であふれ、若葉も、紅葉もまた美しいそうです。
 写真を見て下さい。郵便局も公民館も温泉も、自動販売機も実に統一された建築デザインでした。

senboku4.jpeg

senboku12.JPG

▲重伝建の歴史的まちなみ

senboku3.JPG

▲郵便局

senboku9.JPG

▲北都銀行

senboku5.JPG

▲秋田銀行

senboku1.JPG

▲かくのだて温泉

senboku11.JPG

▲セブンイレブン

senboku6.JPG

 

このページの先頭へ戻る