篠山市長ブログ

もみじの名所(市長日記)

 もみじ三山と呼ばれる文保寺、高蔵寺、大国寺、そして洞光寺が今見頃を迎えています。
 いずれも市外からの観光客も多く訪れる人気の名所です。


 文保寺(味間南)は、楼門が市内の楼門の中でも最大規模で、市指定の文化財にもなっています。
 現在、楼門の1対の仁王像の修復が進められています。この仁王像は、指定文化財級の価値を持っている可能性があり、篠山市文化財保護審議会において審議され、現在、調査も行われています。文保寺はその名のとおり文保年間(1317~1319年)に再興されたと伝えられており、平成30年は再興から700年の節目の年にあたります。
 モミジの巨木が数本あり、 イチョウとの赤と黄色のコントラストが楽しめます。

bunpo1.png

bunpo2.png

bunpo3.png

 


 高蔵寺(高倉)は、高蔵寺に通じる山門(仁王門)は明和7年(1770)建立と言われ、篠山市の指定文化財です。
 100本以上のモミジが植栽されています。 また、 「丹南 桜百選」 にも選ばれた樹齢約80年の枝垂れ桜の名木をはじめとする数多くのサクラや、 初夏に咲き誇るたくさんのアジサイが見ものだそうです。

DSC_0018.JPG

IMG_6654.JPG

image3.JPG

 


 大国寺(味間奥)は、禅宗様式と和様式を折衷した珍しい建物で、鎌倉時代末期から室町時代初期に建立されたと推定されています。
 昭和40年代に解体修理され、改造されていた部分が原型復元され、現在の姿となっています。
 重要文化財の本堂を背景に、 大きく枝葉を広げて真っ赤に染まる巨木のモミジが名物です。

IMG_6724.JPG

IMG_6741.JPG

201711161609.jpg

 


 洞光寺(東本荘)は、南北朝時代、多紀、氷上郡最初の曹洞宗寺院として建立されました。
 天正年間以降、度々火災にあい、本堂は昭和49年に再建されました。
 菖蒲池、宝鏡岩、鳳凰林などがあり、数多いもみじの老木はとても美しいです。
 市街からの観光バスも多く見られ、この季節は沢山の観光客が池に映るもみじや、じゅうたんのように落葉する紅葉を目当てに写真を撮りに来ています。

1510545447944.jpg

1510545449908.jpg

1510545452754.jpg


 ぜひお越しください。

このページの先頭へ戻る