篠山市長ブログ

篠小育正会が優良PTA文部科学大臣表彰を受賞(市長日記)

 11月17日(金曜日)に篠山小学校・幼稚園育正会が平成29年度の「優良PTA文部科学大臣表彰」を受賞され、育正会会長の松宮正之さん、28年度会長の高田貴美彦さん、藤本健校長が、その報告に来て下さいました。
 優良PTA文部科学大臣表彰とは、PTA活動に優秀な実績を挙げているPTAの表彰を行うものです。

 篠山小学校・幼稚園育正会は、学校・家庭・地域の皆さんの積極的な連携・参加により、校舎ありがとうプロジェクトや通学路の見守り活動、あいさつ運動、研修会などのPTA活動を、長年にわたって活発に行われていることなどが高く評価されました。
 篠山小学校・幼稚園は、全国でも数少ないお城の中にある学校・幼稚園です。
 子どもたちはお城の石垣やお堀をいつも見ながら学校生活を過ごしており、喧噪とは無縁でとても恵まれた環境にあるところです。また春は青山神社や王地山稲荷のお祭り、夏はデカンショ祭り、秋は春日神社の祭りやアートフェスティバルなど、地域の様々な行事を小さいときから体験できるところでもあります。

 育正会は今年で設立から70周年を迎えられました。その記念すべき年に受賞ということで、誠におめでとうございます。
 育正会の名前のとおり、子どもたちを正しく育てる、これからもそのような活動を地域の方々と一緒にさらに進めてほしいと思います。
 これからも、ますますのご発展を期待しています。

IMG_6843.JPG

▲真ん中が育正会会長の松宮正之さん、左側が28年度会長の高田貴美彦さん、右側が藤本校長先生

iku1.jpg

▲11月17日に東京で行われた表彰式の様子

iku2.jpg

▲篠山城の天守台石垣を望みながら行われる運動会

iku3.jpg

▲評価された取り組み:校舎ありがとうプロジェクト
地域、児童、会員が一緒になって校舎の清掃作業に取り組むことによって、三世代の交流を図るとともに、子どもたちの心に感謝の気持ちを育まれています。
 

iku4.jpg

▲評価された取り組み:デカンショ祭りジュニア競演会への参加
デカンショ踊りの講習やデカンショ祭りジュニア競演会への参加など、篠山の伝統文化を地域の方々から学び、ふるさと篠山をよく知り、愛着と誇りを育む取り組みを進められています。
 

iku5.jpg

▲評価された取り組み:PTCAフォーラムでの発表
2月11日に「丹波篠山 デカンショ節~民謡に乗せて歌い継ぐ 篠山小学校のコミュニティ・スクール~」と題して、児童・保護者・先生・地域の皆様が出演して、デカンショ節、踊りを交えて代表的な事例を発表されました。
 

 

このページの先頭へ戻る