篠山市長ブログ

観光おもてなし(市長日記)

兵庫陶芸美術館で、東京大学の堀教授にお越しいただき、「歩いて楽しい丹波焼の里」についてお話をしていただきました。
 今田地区への年間観光客数は50万人。
 どのように観光客を増やしたり、お店への立寄りを増やすのか。

 さまざまな事例を写真で示しながら、立寄ってみたいと思わせる店づくりを提案されました。三種の神器として、(1)鉢植え(2)のれん(3)ベンチを挙げ、ポイントは、「丁寧に作られているか」「誘うように見せているか」「お客さんの目線で店内より店先が大切」です。

 堀先生が、事前に下見をされたのですが、ここ立杭地区は、あまり誘うような店先になっておらず、のびしろが山ほどあるとのことです。

 また、個々での取り組みだけでなく、地域全体で取り組むことによって、魅力的な地域となり、多くの集客を見込めます。
 例えば、つり下げ旗の寸法や色などのルールを作り、そのなかで、窯元の個性を生かす演出など、ワクワクするような話が続きました。


 次の写真を見てください。どちらの店に入りたいですか。

 
201712261308.JPG
 
▲ビフォー
 
 
201712211509.JPG
 
▲アフター
 

このページの先頭へ戻る