篠山市長ブログ

土砂災害から人命と地域を守る砂防会議(市長日記)

平成24年11月23日(金曜日)

 

 上京して、上記の会議に出席してきました。

 平成23年に、台風による豪雨災害を受けた奈良県十津川村の更谷村長の発表がありました。

 降り出しから5日間で1358ミリの雨量があり、大規模に山林が崩壊しました。

 国によって復旧にあたっているが、関西広域連合では、他の県の事情がわからず、無理である、安心できないとの意見でした。

 篠山市も中山間地ですが、ほとんど山で平野部の少ない地域は、本当に大変だと感じました。

 また、「コンクリートも人も大事だ」「国土の保全は国の責任だ」「山の手入れこそ大切なのに切り捨て間伐を認めていないのはおかしい」などの活発な意見が出されました。

このページの先頭へ戻る