篠山市長ブログ

学校図書ボランティア「ブックサポーター」(市長日記)

 ブックサポーターの皆さんからの依頼で、おでかけ市長室を開催しました。
 味間小学校、丹南中学校を中心に各学校で、子ども達への本の読み聞かせや、学校図書の貸出しや整理など、15年以上にわたって、ボランティアとして活躍していただいている皆さんです。

 読書には、リラックスの効果があり、心を育てる大事な要素があります。
 読み聞かせをしていると、子ども達は集中してよく聞いてくれて、途中でお話を終えると「もっと聞かせて」と言って、次の時に前のお話をよく覚えているそうです。
 子ども達の感想文には、昔ばなしのどのお話が好きで、どんなところが面白かったなど、生き生きとお話の世界を楽しんだ様子が書かれていました。

 学校図書の蔵書点検もされるのですが、不備で貸出しできない本を登録したり、新しい図書を購入する選書をしたりと、なかなか大変です。
 このような地道な作業も含め、子ども達に本に触れてもらおうと、温かい気持ちで、一生懸命取り組んでいただいているのは、本当にありがたいことです。

 今後は、ぜひ、学校図書の司書を増やしてほしいとの要望もいただきました。
 本に親しみ、読み聞かせをすることで、子どもが自分を大切に思える自尊心を育むことができるそうです。
 篠山市の子ども達のため、これからも、このような素晴らしい活動を続けていただきたいと思います。

IMG_1053.jpg

IMG_1050.jpg

このページの先頭へ戻る