篠山市長ブログ

どんぐりの里山プロジェクト開始(市長日記)

平成24年11月25日(日曜日)

 

 市民の皆さんや子どもたちの関心を森林や里山に向けてもらうために、本年度から約2年間にわたる「どんぐりプロジェクト」を開始しました。

このプロジェクトのスタートは、11月3日に子どもたちに篠山の森や里山にある樹木やどんぐりの種類を、森林インストラクターさんに教えてもらい、その子どもたちを「子ども樹木博士」として認定することから始まりました。

そして11月23日、その「子ども樹木博士」の子どもたちが森や里山で拾い集めたコナラやアベマキなどのどんぐりを育苗ポットに植えてもらい、自宅に持ち帰り苗木として育てる「どんぐりの里親」になっていただきました。

里親に育てられ苗木になったどんぐりは、2年後、山に植樹してもらい、子ども樹木博士とともに成長し、将来、“どんぐりの森”が出来上がることを期待しています。

P1000738[1].jpg

P1000739[1].jpg

▲11月3日の子ども樹木博士養成講座の様子

P1000890[1].JPG

P1000898[1].JPG

▲11月23日のどんぐり植えの様子

このページの先頭へ戻る