篠山市長ブログ

鳳鳴高校競技かるた部全国大会出場!(市長日記)

 8月9日(木曜日)~11日(土曜日)、長野市にて行われる信州総文祭(小倉百人一首部門)に、篠山鳳鳴高校のかるた部、3年生の谷田悠奈さんと2年生の中野一貴さんの2人が出場されます。

 谷田さんと中野さんは、4月に行われた兵庫県の選考会で、それぞれ8位、2位の成績を収め、兵庫県代表チームに選出されました。
 この大会では、読み手も高校生が務め、歌を読み上げるや、間髪入れず200名以上の選手が一斉に札を取る姿は圧巻です。「畳の上の格闘技」ともいわれる競技かるたの全国1位が決定します。
 都道府県代表チーム5名(選手登録8人)の団体戦よって繰り広げられます。

 11月に徳島県で開催される近畿大会には兵庫県代表として中野さんのほか2年生の小林優希さん、小林涼太さん、中川陸さんも選出されました。

 鳳鳴高校かるた部は現在15人で、皆仲良く、和気あいあいと練習に励んでおられます。
 最近では、人気漫画「ちはやふる」が映画化され、競技かるたの知名度も上がった影響からか、部員数も昔に比べて増えているそうです。
 古典的で落ちついた文化部のイメージがありますが、札を取る素振りの練習をしたり、ジャージで練習をするなど、体育会系の部分もあるのです。

 全国大会に出場される谷田さんと中野さんは、「前回のベスト16を超えることができるように、また鳳鳴のかるた部は強い、ということを伝えたい」と意気込んでおられます。

 是非頑張ってきてください!

IMG_6941.JPG

IMG_6963.JPG

▲私の隣から、谷田さんと中野さん

IMG_6976.JPG

このページの先頭へ戻る