篠山市長ブログ

「平成30年7月豪雨」災害被災地へ職員2名を派遣しました(市長日記)

 本年7月に発災した「平成30年7月豪雨」によって被災された地域への支援として、兵庫県は関西広域連合の「カウンターパート方式」により岡山県を支援することとなっています。

 本市も7月27日(金)から31日(火)まで岡山県倉敷市へ総務部税務課の小倉雄司係長と中森恵佑主査を派遣し、浸水や土砂で被害を受けた家屋の被害調査を行いました。
 8月6日(月)には、帰庁業務報告会を行い、「篠山は幸い大きな被害はなかったが、いつ、どこで起こるかわからない。篠山で被害があったら…と想像すると、恐怖とともに備えが必要であると強く思った。」や「いまだに、廃棄物が各地に積み上げられており、息の長い支援が必要。」などの報告がありました。
 派遣期間中には、台風12号が接近し、心配しましたが、元気で業務を行ってくれたとのことで安心しました。
今後においても被災地の一日も早い復旧のため、少しでもお力になれるよう、支援を行っていきたいと考えます。
 
201808081334.jpg
 
DSCN4586.jpg
 
DSCN4587.jpg
 
IMG_0520.jpg
 
 
 

このページの先頭へ戻る