篠山市長ブログ

丹波篠山市場が開場(市長日記)

 丹波篠山市場が10月1日から、新たな卸売市場として営業が始まりました。
 丹波篠山市場の最初の取引となる「初競り」では、丹波栗や住山ごぼうなど丹波篠山の特産が並び、威勢の良い声で次々せり落とされていきました。
 
 初競りの最後を飾ったのは、丹波篠山を代表する食材「松茸」です。取引結果は620g155,000円の値段で、市内の老舗料理旅館「近又」によって競り落とされました。

 篠山市では、地方卸売市場「(株)篠山魚市場」で、せりが行われていましたが、会社の都合により3月をもって廃止され、市内の農業者の出荷先が無くなっていました。
 農業者や仲買人の皆さんは卸売市場を再開するため、丹波篠山出荷協議会の設立や、卸売市場運営会社の設立などに尽力され、ようやく市場の開場にこぎつけられました。

 卸売市場の歴史は古く、寛永年間(1624年~1645年)に創立され、400年近い年月とともに伝統ある丹波篠山の食材を提供されてきました。今後も、卸売市場が皆さんの手で引き継がれていくよう期待しています。

tanbasasayamasijo1.jpg

tanbasasayamasijo2.jpg

tanbasasayamasijo3.jpg

tanbasasayamasijo4.jpg

▲丹波篠山市場を開設されたgino丹波(じのたんば) 代表 林尚司(はやししょうじ)さん

このページの先頭へ戻る