篠山市長ブログ

市民ホールをお楽しみください(市長日記)

 デイサービス事業をされているNPO法人風和さんより、座布団を頂きました。
 第2庁舎1階のベンチにも、風和さんの座布団を置かせていただいていますが、今回は本庁舎の市民ホールのベンチ用に、と作ってくださいました。
 はぎれ等を縫い合わせてパッチワークになっており、この寒い季節にぴったりです。
 市役所にお越しの際は、ぜひこのベンチに座ってみて下さい。
 風和の皆さん、ありがとうございました。

 また、篠山小学校4年生と篠山幼稚園の皆さんが、紙粘土でデカンショの踊り子をとても上手に作成しました。また、王地山焼で、篠山小学校で飼育して放蝶するオオムラサキ(国蝶)の絵を描いた風鈴も作りました。どれも素晴らしい出来栄えで、これも本庁舎の市民ホールに展示しています。
 これらの作品は、昨年11月に味間小学校で開催された「兵庫県造形教育研究会丹波地区大会」で展示されたものです。作品のテーマは、「ふるさとを愛する ささやまっ子」で、丹波篠山ならではのデカンショ踊りや王地山焼など、ふるさとの良いところを学んで、上手に作品にしていますので、ぜひ、ご覧ください。(展示は、1月24日まで)

 あわせて、創造都市課が「創造農村の豊かな日常」と題して「食と器」をテーマにした展示をしています。 
 丹波篠山には、丹波篠山黒大豆、丹波篠山山の芋、米などの豊かな自然から生まれる農作物のほか、伝統工芸である丹波焼や王地山焼、丹波木綿など、古くから伝わるたくさんの宝物があります。
 市民ホールを訪れる篠山市民の皆さんに、ユネスコ創造都市や日本遺産に認定された篠山の豊かな「食」と、暮らしをより豊かにする篠山の「器」の魅力を改めて感じていただければ嬉しいです。

  

▼NPO法人風和さんより、座布団

IMG_4499.JPG

IMG_4492.JPG

 

▼篠山小学校の展示

IMG_4505.JPG

IMG_4514.JPG

IMG_4518.JPG

 

▼「食と器」展示

IMG_2269.jpg

IMG_2270.jpg

IMG_2272.jpg

 

このページの先頭へ戻る