篠山市長ブログ

篠山市新春駅伝大会 味間Aチームが優勝!(市長日記)

 篠山市新春駅伝大会を1月20日(日曜日)に開催しました。

 この大会は、篠山市合併の年である平成11年度に開催し、コースや場所などを変えながら続けてきたもので、旧小学校区対抗で行われているものです。

 コースは、黒豆の館をスタート・ゴールとする周辺コース(7区間・14.49 km)で、市内12地区21チームが参加、選手約150人がたすきをつなぎました。

 レースは序盤、味間Aチームと八上Aチームが激しいトップ争いを展開。味間Aチームが4区で再びトップに立つとその後は首位を譲らず、2位に約2分差をつける47分28秒の大会新記録で12大会ぶり2度目の優勝を果たしました。
また八上Aチームが、5区終了時点で5位まで後退したものの、6区で一人、7区アンカーの中学生が二人を抜き、2位でゴールしました。
3位は終始上位で粘り続けた味間Bチームが続きました。
 

 今大会は、13歳(中学1年生)から73歳まで、幅広い年齢の皆さんが、また、本格的な陸上選手もいれば、走る事が大好きな人まで、市民みんなが一緒に走る事のできる、すばらしい大会でした。

20190120093016_p.jpg

ekiden1.png

ekiden2.png

ekiden3.png

ekiden4.png

ekiden5.png

ekiden6.png

1548387275283.jpg

ekiden7.png

 

 

 

このページの先頭へ戻る