篠山市長ブログ

ホタル舞い、カエルの合唱(市長日記)

 昨日、旅館組合の総会で山下会長が「野中から中野まで自転車で通っている。今は水田にホタルが舞い、バックミュージックはカエルの合唱で楽しく通勤している」とあいさつされました。

その道は、宇土から岩崎、谷山にかけての「集落暮らしの道」で農耕用の使用や子どもたちの通学、地域の人の散歩などに使用されています。

早速に行きました。お話の通りで、自然の営みに感動します。

丹波篠山市では、環境や生態等にも配慮して、化学肥料をおさえ、田の中干しを延期する(オタマジャクシがカエルになるまで)などの農業をひろめ、丹波篠山らしさ、ブランドを発揮しようとしていますが、その大切さを改めて感じました。

このページの先頭へ戻る