篠山市長ブログ

三原さんが認定農家に(市長日記)

 専業農家として頑張っていこうとされている三原宏明さんに、「農業経営改善計画認定書」を交付しました、いわゆる地域が認める「認定農家」です。

 

農業を始める前は大阪で美術の教員として働かれていましたが、5年程前に故郷の佐倉に戻って来られ、水稲、黒大豆や山の芋を中心に農業経営を開始されました。

外に出ると、やっぱり丹波篠山の農産物のブランドがよくわかり、創造的な仕事をしたい、祖父や父が熱心に山の芋など農業に取り組んでいた後を継ごうと決心されました。

「同級生らが農業で活躍していて、農業を始める良い刺激になった。祖父や父が残してくれた山の芋の良い種と農地を受け継ぎたい。地域から農地を預かるのは責任を感じます」語っておられました。

この帽子をトレードマークのように着て、仕事をしていますのでお声がけください。

miharasann.jpg

このページの先頭へ戻る