篠山市長ブログ

いよいよ市民ミュージカル(9日と11日)(市長日記)

 2月9日と11日に、丹波篠山市民ミュージカル「Sunlight Heart(サンライトハート)~ヘレンとサリバン先生~」が田園交響ホールで上演されます。両日とも正午からと午後4時からの2回公演です。

 

ヘレン・ケラーは、生後半年で言葉を覚え、将来を期待されていましたが、1歳7か月の時に高熱を出し、聴力・視力・言葉を失って、わがままな子どもになってしまいました。

ヘレンの両親からヘレンの家庭教師を依頼されたアン・サリバンは、自らが弱視であった経験を生かし、ヘレンに「しつけ」「指文字」「言葉」を教えようとします。

ここからヘレンとサリバン先生の壮絶な格闘が始まります。

目が見えない、耳も聞こえない、話すことができないという3つの苦しみから立ち上がり、全世界をよくしようと活動したヘレン・ケラーとその師アン・サリバンの物語で、人生にとって何が大切かを思い返し、会場中に勇気と希望が湧いてくるようなミュージカルです。

 

小学1年生から84歳までのおよそ60人の方が出演されます。

出演者の皆さんは、昨年8月から練習を重ねられ、そして、ここ連日毎晩猛練習をされています。

先日少し見せて頂きましたが、松本監督から本番に向けセリフや動作、どこに照明を当てるかなど細やかな、厳しくもあたたかい指導がされていました。

 

大変楽しみです!

image6.jpeg

image9.jpeg

111.JPG

DSCF3516.JPG

DSCF3609.JPG

このページの先頭へ戻る