篠山市長ブログ

「ささやまマメに見守り隊」が始動!(市長日記)

3月1日に篠山市役所において、篠山市高齢者・障がい者等見守りネットワーク事業(~ささやまマメに見守り隊~)の協定締結式を行ないました。

 篠山市の高齢化率は28%を超え、障がいをお持ちの方においても少しずつ増加しており、生活支援を含めた福祉サービスの充実が重要です。

 こうした状況の中、これまでから地域の見守りを、自治会の方や民生委員児童委員、民生協力委員、愛育会の皆様等を中心として活動していただいていますが、更に、市民のくらしに関わる様々な事業者の方々の協力を得て、見守ろうとするものです。

 今回、配達業者や新聞配達業者、郵便局やガス、水道などライフライン事業者、生協、農協等、24の協力事業者、80店舗の皆様と協定を締結することで、気づきの目を増やし重層的な見守り活動へと拡大していきます。

今後も、協力事業者を増やし、地域の皆様と共に見守り支え合いのネットワークを広げ、高齢者や障がいのある方等の異変や異常にいち早く気づき、悲しい現状を未然に防ぐことができるものと思います。

_MG_4079.JPG

_MG_4093.JPG

_MG_4102.JPG

_MG_4111.JPG

_MG_4128.JPG

このページの先頭へ戻る