篠山市長ブログ

山形県鶴岡市と災害協定(市長日記)

平成24年5月16日(水曜日)

 山形県の鶴岡市と「災害時相互応援協定」を締結しました。

 鶴岡市の「だだちゃ豆」と篠山市の「丹波黒大豆」は、2004年の「全国まめサミット」での交流があったり、両市ともユネスコの創造都市ネットワークの食文化部門の加盟を目指して取り組んでいることや、森林の研究者で篠山市出身の北村昌美・山形大名誉教授が鶴岡市の名誉市民として活躍されている縁などから、今回の協定が実現しました。

 鶴岡市はユネスコ登録で篠山市に先がけ取り組みをすすめておられますし、日本でも名高い「森林文化都市」です。

 榎本市長は「一万人車座ミーティング」や、市民が望む政策を的確に把握するための政策マーケティングをすすめておられ、いろんな面で良いお手本となります。

 これで災害時相互応援協定を結ぶのは7自治体目となります。

★IMG_6362[1].JPG

▲右:鶴岡市 榎本 政規 市長

★IMG_6384[1].JPG

▲出羽の民芸品、上野御殿まりをいただきました。

このページの先頭へ戻る