篠山市長ブログ

台風18号被害(市長日記)

 京都嵐山や、近くの福知山市で大きな被害が報じられています。

 篠山市では、そこまでの被害ではありませんが、床上浸水などの被害が出ました。

 

  床上浸水               5棟

  床下浸水               8棟

  家屋の裏山の崩れなど      9件

  国県道冠水、土砂崩れなど   10件

  市道損壊など            11件

  落橋                  1件

  農地、ため池など          7件

 

 また、私が市長になって、初めて「避難勧告」を出しました。これは後川地区の羽束川が溢水のおそれが生じたからです。

 9月2日の大雨による被害の対応にあたっていた矢先、これに加えての被害です。職員も大変ですが、こんな時こそ、市民が頼りにされますので、大いに頑張ってほしいと思います。

 床上浸水のあった、糯ケ坪では、平成16年にも同じような被害がありましたので(篠山川の増水により篠山川に流入する河川の水がはけず、あふれる)県とともに、もう一度対応策がないものか検討いたします。

 また、裏山が崩れ危険な箇所もあり、避難して頂くとともに、対応を検討します。

 

このページの先頭へ戻る