篠山市長ブログ

「一本杉販売所」竣工式(市長日記)

 10月2日、福住地区に地域の農産物の直売所や食堂、観光案内所を兼ねた「一本杉販売所」が完成し竣工式が行われました。

 オープンは黒枝豆解禁日の5日で、直売所では、農家の持ち寄る黒枝豆や米、野菜などが販売されます。「農家レストラン」では、地元の主婦の郷土料理研究グループ「福楽里(ふらり)」が調理され、出来立てを出されるそうです。目玉は、季節ごとの食材を生かした「福の里定食」(900円)土、日曜に1日20食限定でメニューに載るとのことです。

 また、昨年末に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された旧街道の入り口にあたり、観光案内の「福住まちなみ案内所」も併設されています。

 式典では、臼井会長が「地域の食や農、観光の拠点となるようにしたい」とあいさつされました。福住地域のにぎわいの拠点として期待が集まっています。

 宿場町と農村集落の2つの歴史的景観が1つの街道に沿って連続する、全国的にも非常に貴重な街並みの散策も兼ねて、皆さんもぜひ行ってみてください。

 

P1040912.JPG

P1010615[1].JPG

P1040920.JPG P1040918.JPG

 

このページの先頭へ戻る