篠山市長ブログ

文化の日(市長日記)

 11月3日は文化の日、この良き日に毎年、市政へのご活躍が特に顕著な方々に、篠山市功労者として表彰させて頂いています。

 今年は、この10月13日に94歳でご逝去された、人気漫画家やなせたかしさんを表彰させて頂きました。

それは、篠山市では平成13年から「子どもを守る家」をつくり、子どもたちが登下校時のもしもの時に立ち寄れる家や店舗の協力を頂いていますが、その目印になるプレートに「それいけ!アンパンマン」の図柄を使わせて頂いているからです。

心から感謝申し上げ、ご冥福をお祈りします。

 また、寄付功労として、谷田昌広さん(東京都、東岡屋出身)、酒井正記さん(吹田市、岩崎出身)のお二人は、ふるさと納税の制度が始まった平成20年から毎年15万~30万円のご寄付を頂いています。酒井正記さんは、私と同じ岩崎で、私より一つ後輩です。

 そのほか、自治会長として活躍された佐古田直實さん、野村曻次さん、九鬼嘉彦さん、北場弘忠さん、永井英毅さん、篠山市社会福祉協議会会長を務められた羽田登喜雄さん、篠山市農業委員会委員として活躍された中森喜久さん、山田昌男さん、松浦俊明さん、篠山市猟友会で永年ご活躍された日隠輝弘さん、篠山市商工会長を務められた溝畑敏樹さん、学校医の平野穰さん、篠山市社会教育委員会議長の栁本晃代さん、城北・畑小学校の統合に尽力された石橋康夫さん、小林典幸さん、音楽文化の丸山眞さん、公民館運営などの藤井恒弘さん、ホッケー普及の小野田芳史さん、柏原納税協会の西尾昭さん、そして公益社団法人 兵庫県歯科衛生士会丹波篠山支部、篠山市精神障害者家族会みちくさの会の皆さまです。

 本当におめでとうございます。そして、ありがとうございました。

 また、今日は文化の日、文化の薫り高い篠山市では、各地の会場で文化祭がにぎやかに行われました。

 主役はやっぱり女性です。70歳を超えても、赤やピンクの服で若々しく歌ったり、踊ったり、感銘を受けました。

 

_MG_5216[1].JPG

 

このページの先頭へ戻る