篠山市長ブログ

篠山市菊花展(市長日記)

 篠山ならではのお苗菊をはじめとする菊花展の開催中です。

 篠山地方における菊作りの伝統は古く、250余年の歴史を持っています。

 旧篠山藩主青山忠良公が大阪城に在職中、江戸幕府から拝領したと伝えられる純日本種の中菊は、今もなお「旧藩公愛撫の花(お苗菊)」として、篠山地方の人々に愛育されています。

 篠山地区においては大正14年に「第1回篠山菊花展」の開催以来、このお苗菊を中心とした菊花展を毎年催しています。

 今年は、暑かったり、台風が来たりで、大変だったとのことですが、丹精込めて育てられた約300針もの美しい菊花が並んでいます。

 若い(比較的に)女性の皆さんも、後継者として頑張っておられます。

 私の恩師、長谷川武司先生も92歳、菊作り名人として、まだまだご活躍されており、うれしいです。

 

DSC_3899.JPG ▲青山賞   福井 邦準 さん

DSC_3902.JPG ▲兵庫県知事賞   酒井 優 さん

DSC_3928.JPG ▲丹波県民局長賞   長谷川 武司 さん

DSC_3908.JPG ▲丹波農業改良普及センター所長賞   蓑田 輝世 さん

DSC_3913.JPG ▲篠山市長賞   稲山 寅夫 さん

DSC_3894.JPG ▲花びらが巻く、お苗菊

DSC_3962.JPG DSC_3964.JPG DSC_3970.JPG DSC_3966.JPG DSC_3967.JPG DSC_3972.JPG  

このページの先頭へ戻る