篠山市長ブログ

西紀ダム湛水式(市長日記)

 11月30日、紅葉に囲まれた栗柄の西紀ダム湛水式が行われました。

 栗柄から丹波市春日町を経て由良川に注ぐ滝の尻川を堰き止める西紀ダムは、洪水調整や西紀中簡易水道区域の水源確保を目的とした多目的ダムとして平成6年から建設に着手したもので、湛水式は堰堤の排水路を閉め、水を貯め始める記念すべき式です。

 今後、ダムが満水になりますと、取水ゲートや各種計測機器の稼働状況、水質検査などを行い、栗柄浄水場で作られた日量1,000トンの豊富な水道水が西紀中地区や西紀南地区に配水されることになります。

 西紀ダムの完成は、洪水被害を防ぐと共に夏場の渇水期や水不足が解消され安全・安心の配水体制が整いますので、一日も早い完成が待ち望まれるところです。  

P1130831.JPG P1130817.JPG P1130829.JPG P1130833.JPG P1130842.JPG

このページの先頭へ戻る