篠山市長ブログ

知事のご意見(市長日記)

平成24年6月9日(土曜日)

 井戸知事が若手経営者等との懇談会で講演され、その中で大飯原発再稼働についてふれられた。

 「原発は将来的にも必要、大飯原発は再稼働しなければ、生活や企業が成り立たない。」とのご意見で野田総理と同じでした。

 私は違います。

 原発には将来的に依存すべきでない、大飯原発は、万が一の事故や災害にも耐えうる安全確認ができなければ、再稼働すべきでないと考えます。

 それは、原発は私達のみならず、未来の人々、そしてあらゆる命が生きてゆく環境を奪い去ってしまうもので、人間が制御できない危険すぎるものであるからです。

 福島の事故を経験した、今に生きる私達は、この教訓を生かす責務があります。

 従って、原発の安全性の徹底的な追求とともに、安心できる自然エネルギーの開発や節電対策こそ、政治や行政のリーダーの役割です。

 再稼働にむけての判断について、付近の活断層の影響が指摘され、地盤調査が急務とされたり、非常時の電源もなく、原子力安全と背反する最悪の選択とも言われています。

 井戸知事は、大飯原発再稼働にむけて、関西広域連合の意見をとりまとめられたと報じられていますが、そうであるなら、約50キロ圏内にありながら何の説明も受けていない篠山市民からすると「わが」兵庫県知事とは呼べなくなります。

 あまりに性急、拙速で残念でなりません。

このページの先頭へ戻る