篠山市長ブログ

見守り支援サポーター(市長日記)

本年度から「篠山市見守り支援サポーター事業」をはじめます。

手助けをしてほしい人(依頼会員)とお手伝いをしたい人(サポート会員)がお互いに会員となって、日常生活の手伝いや助け合い、見守りなどのボ見守り支援活動を通して、高齢者や障害者などが、住み慣れた地域で安心して豊かな生活を送っていただけるよう支援する事業です。

サポート会員として登録した住民が、社会福祉協議会を通じて紹介された依頼会員の自宅を訪問して活動します。

依頼会員の対象は市内在住で、65歳以上の援助の必要な人、40歳以上65歳未満の要介護認定者または同等の状態の人です。

サポート会員は市内在住で、社会福祉協議会が実施する養成講座を受講した人です。

活動内容は、平日の午前8時半~午後5時で、1回1時間以内。

掃除や洗濯、配膳、電球交換などの簡単な家事支援や話し相手、手作業、介護保険の訪問介護サービスでは対応できない簡易なものが対象です。

利用料は1時間600円で活動したサポート会員に支払います。

身近な地域で助け合いの和を広げる活動にご参加下さい。

篠山市見守り支援サポーター(PDF:274KB)

 

 

このページの先頭へ戻る