篠山市長ブログ

高齢者大学開講(市長日記)

本年度の高齢者大学が開講しました。

のべ975名の申し込みがあり、例年、途中からも入学されますので、1000名を超える見通しです。

来年3月の合同学習発表会まで、毎月1回、一般教養講座は市政報告、健康づくり、音楽、笑い、認知症予防、サルの生態、再生医療、歴史、官兵衛などいろいろです。

 

そして特に楽しみは、お昼からの趣味講座で、歌謡、手芸、園芸、民謡、俳句、農業、グラウンドゴルフ、写真、料理、書道、大正琴、フラダンス、そして新しくヨガや太極拳なども加わりました。

 

ここで、学ばれる皆さんは、みんな明るく生き生きとされています。

圧倒的に女性が多いのです。

見ていると、いつまでも、意欲を持ち、学ぶことが大切だと感じます。

 

又、何より家に引き込まず、いろんな人との交流も楽しいようです。

「きょういく」とは今日、行くところがあること、

「きょうよう」とは、今日、用があること、だそうです。

私の母は行かなく(行けなく)なってしまいましたが。

 

今年1年、活発で楽しい学園生活を送って下さい。

DSC_5555.JPG

DSC_5547.JPG

DSC_5536.JPG

DSC_5453.JPG

▲市長 祝辞

 

DSC_5494.JPG

▲学生代表 波部さん

 

DSC_5616.JPG

▲記念講演 早川先生 

 

このページの先頭へ戻る