篠山市長ブログ

体内年齢34才(市長日記)

岡本病院、さくら荘など市内で病院や福祉施設を各地で展開され、ご活躍を頂いている社団法人紀洋会と地元の東吹自治会とのふれあいの夏祭りが盛大に開催されました。

岡本病院のテントには「体内年齢の測定器」があり、素足で1分間乗っているだけですとすすめられ、測定しました。

何と「34才」です。

さすが、岡本病院、立派な測定器です。

テニスやジョギングを続けていますので、

「帽子をかぶればまだまだ若いゾ。足腰は40才台」と言っていたのですが、最近では1キロ、トコトコ走るのが精一杯ですし、コート上では足はもつれています。

ただ、健康診断の時など肺活量だけはよくほめてもらっています。

この体内年齢が何を言うのか、よくわかりませんが、筋肉量や脂肪燃焼率、体脂肪率などのようです。

「34才」というのは、少々サービス過剰と思いますが、勇気、元気がでてきます。

健康診断で精密検査が必要と言われたら心配になってしんどくなりますし、若い、元気と言われたら元気になるのです。

 

DSCF4438.JPG

DSCF4431.JPG

DSCF4454.JPG

 

 

このページの先頭へ戻る