篠山市長ブログ

八上小学校木造校舎の耐震補強工事が本格化します(市長日記)

平成24年7月4日(水曜日)

 

 木造校舎で知られている、八上小学校の耐震補強工事が本格化することとなりました。

 大規模木造校舎では、兵庫県下で初めての耐震改修の実施となります。

 八上小学校は昭和12年に建築され、外観が洋風な木造建築で、地域のシンボルとして親しまれています。また、NHKの朝ドラ「甘辛しゃん」の主人公が通う小学校のロケ地として選ばれるなど、レトロで伝統を感じさせる、そして暖か味のあるとても趣深い校舎です。

 地域の人々の木造校舎に対する思いや、また、八上小学校木造校舎は「兵庫県近代化遺産」の1つとして紹介されていますので、今回の耐震補強・改修工事において、既存の木造校舎の意匠や材料、色彩を参考に可能な限り現状復旧を行います。

KIMG0037.JPG

KIMG0062.JPG

KIMG0016.JPG

KIMG0028.JPG

このページの先頭へ戻る