篠山市長ブログ

日本六古窯、助け合い(市長日記)

平成24年7月5日(木曜日)

 
 日本六古窯は、篠山市(丹波焼)のほか、福井県越前町(越前焼)、愛知県瀬戸市(瀬戸焼)、同県常滑市(常滑焼)、岡山県備前市(備前焼)で、このご縁で災害時の応援協定を結びました。(なお、信楽焼の滋賀県甲賀市は都合により参加されませんでした。) 
 これで、昨年11月に千葉県館山市と災害協定を結んで以来、計13自治体となり、全国の自治体とのネットワークづくりを一応、完了しました。 
 いずれの自治体にも好意的に応じていただき、感謝しますとともに、今後は市民あげての交流とお付き合いをお願いしたいと思います。 
 
  越前がに、越前水仙、越前焼が全国的に有名。 
  毎年5月下旬に越前陶芸まつりを開催。 
  避難路への高齢者のための手すり整備やコンクリート舗装の修繕。 
 
  瀬戸焼を未来につなぐ「陶祖800年祭」を開催(平成24年度~平成26年度)。 
  名古屋に近く、工業団地や住宅地の開発が進展。 
  公共施設の点検を行い、防災拠点として市役所を建て替え。 
 
  伊勢湾に面し、海の幸が豊富で、海水浴や潮干狩りなどが楽しめる。 
   「中部国際空港セントレア」までは電車・車でわずか5分の距離。 
  南北16㎞の海岸線があり、高台に災害対策本部となる消防庁舎を新設。 
 
  赤穂市と隣接し、前焼と耐火煉瓦と漁業のまち。 
  岩盤が固く、地震には強く、津波もない。晴れの日が多く、安心な場所。 
  災害は、事「前」に「備」えることが大切。
 

DSC_8896.JPG

▲左から、越前町 関町長、瀬戸市 増岡市長、篠山市長、備前市 西岡市長、常滑市 片岡市長

DSC_8893.JPG

このページの先頭へ戻る