篠山市長ブログ

ふるさとを担う教育(市長日記)

  市内の小学校、中学校、高校の入学式がありました。
 新入生の人数は、
    小学校17校で339人(篠山養護学校を含む)
        中学校5校で369人、
    高校は、篠山鳳鳴149人、うち市内134人
    篠山産業199人、うち市内100人
    篠山東雲40人、うち市内27人
というものです。
  ちなみに、私が小学校に入学した昭和36年は、入学生が864人いました。
  これまでは、高校を卒業して、都会へ出て行く人がいても何とか、地域や集落に守られてきました。
  しかし、子どもの数そのものが減っていますので、その少ない子どもが外へ出ていったのでは、地域はもちません。何のための教育なのか、それはその地域を担う人材を育成するためのはずです。
  一昔前の「勉強して、都会ををめざす」ことから「勉強してふるさと篠山に根ざす」のです。
  篠山市は世界の魅力あるまちの仲間入りを目指しているのです。 篠山に根ざすこと=世界にはばたくこととなるのです。

 

味間小学校

DSCN0629.jpg

 

今田中学校

konnda2.png

 

篠山鳳鳴高校

IMGP7642.JPG  

このページの先頭へ戻る