篠山市長ブログ

「まるいの」新イラストの制作中(市長日記)

平成24年8月3日(金曜日)

 

 篠山市マスコットキャラクター「まるいの」は、平成21年に開催された「丹波篠山築城400年祭」のマスコットキャラクターとして誕生しました。

 まるいのはイノシシ姿の侍で、当時小学校3年生だった女子児童が考案したものです。

 従来のまるいのも、十分に愛らしく、親しみやすいキャラクターなのですが、

・400年祭において作成した“きぐるみ”と基本イラストとの間にデザインの差異があること

・“きぐるみ”が子どもたちを中心に広く認知され人気が出たこと

・印刷物のカットとして使用する際、動きなどが制限され使いにくいこと

といった声があがっていることから、イラストと“きぐるみ”のイメージを一体化させるため、“きぐるみ”をモチーフとした新イラストを制作することとなりました。

 新デザインでは、

 ・“きぐるみ”をモチーフとすること → 体、手足を描く

 ・2頭身以内とする → かわいらしさを醸し出すため

 ・顔のゆがみはそのままとする → ゆがんでいる事が広く認知されているため

 ・パーツの大きさ、位置は変更するが、色は変更しない

をコンセプトとしています。

 今後、ポーズや服装のバリエーションを増やし、市のホームページからダウンロードできるようにして、市民や企業の皆さんに使って頂き、広く活用して頂けるよう計画しています。

 

maruino[1].jpg

このページの先頭へ戻る