篠山市長ブログ

大山荘(おおやまのしょう)(市長日記)

本年9月、京都の東寺に保存されている百合文書(ひゃくごうもんじょ)が、ユネスコの世界記憶遺産に登録されました。
この文書には承久12年(845年)に東寺の荘園になった「大山荘」に関する文書が600点も残されています。
大山荘の歴史が、人類の遺産として永遠に引き継がれることになるのです。

「大山荘」は、現在の大山地区すべてがエリアで、荘園の時代から引き継がれた田や池など田園景観が良好に残り、百合文書に記載された地名や旧跡が何百年の時を超え、良好に受け継がれてきました。
ちなみに大山によくある中沢、長沢の姓は、「地頭(じとう)」(荘園を管理する役人)だったそうです。

11月15日には、荘園文化フォーラムが開催され、大山地区を中心に400名を超える市民が参加され、大山の歴史ロマン、ご先祖様に思いをはせる一日となりました。
池尻神社の人形狂言、追入神社の子ども三番そうが上演され、また天内芋(あもちいも)など、郷土料理も楽しみました。

「一生懸命」という言葉がありますが、この字は本来「一所懸命」と書き、その由来は、中世の荘園領主が自分の領地の荘園を懸命に守ったという意味だそうです。

▼荘園文化フォーラムパンフレットより

201511181602.png

201511181603.png

 

 

201511181604.png

 

201511181605.png

 

 201511181606.png

201511181607.png

201511181608.png

201511181609.png

 

 

このページの先頭へ戻る