400年の歴史 流鏑馬(やぶさめ)を奉納(ささやま写真新聞)

10月6日、畑宮の佐佐婆神社で「はた祭り」が行われ、伝統行事としては篠山で唯一の「流鏑馬」が奉納されました。

境内と参道の3カ所に立てられた的に矢が放たれると、縁起物とされる矢を見物客が取り合います。運よく矢を手に入れた男性は「家に大切に飾っておきます」と話されていました。

 yabusame.JPG

このページの先頭へ戻る