篠山城大書院 青山記念文庫企画展「史書に描かれし三英傑」を開催しています(ささやま写真新聞)

青山記念文庫企画展タイトル.jpg  

篠山城大書院では、7月7日(火曜日)から、青山記念文庫企画展 「史書に描かれし三英傑」を開催しています。
 
青山記念文庫とは、篠山藩主であった青山氏が収集した書籍で、青少年の育成のため、昭和26年に当時の篠山鳳鳴高校に移されたものです。
 
今回の企画展では、青山記念文庫の貴重な資料から『信長記』『太閤記』『三河物語』『家康公浜松御城主始記』を用いて、「桶狭間の戦い」から「関ヶ原の戦い」まで、期間中4回にわたって展示・解説を行います。
 
また、新たな試みとして、大書院での史料展示に加えて、Facebookや大書院ブログと連携して、三英傑のエピソードをWeb上にて紹介しています。
FacebookページURL : https://www.facebook.com/events/434001523450077/
 
web展示で登場人物たちのキャラクターを把握した上で大書院の展示をご覧いただければ、今回の展示が何倍も楽しくなること間違いなしです!

今回の企画展では、期間中不定期に全4回の展示を行いますので、この機会に是非大書院まで足をお運びいただき、青山記念文庫所蔵史料の魅力をお楽しみください。

青山記念文庫企画展のご案内.pdf(PDF:577KB)

 

展示の様子.JPG

会場の様子.JPG

  

このページの先頭へ戻る