高城山に登ってきました1(ささやま写真新聞)

明智光秀と戦い1年半籠城して耐えていた波多野秀治の居城があった高城山に登ってきました。
 
▼高城山
_MG_5937.JPG
 
▼高城山(夜景)
DSC_3656.JPG
 
八上下の春日神社の登り口を出発しました。
 
▼神社の入り口
_MG_5605.JPG
 
▼登山口
_MG_5606.JPG
 
 
登山道も整備されており階段状に道が続いていきます。
 
▼階段が頂上まで続く
_MG_5630.JPG
 
ポイントとなる場所に「伝 鴻の巣」だとか「伝 下の茶屋丸」など看板もあります。
 
▼伝 鴻の巣
_MG_5617.JPG
 
▼伝 下の茶屋丸
_MG_5632.JPG
 
▼伝 上の茶屋丸
_MG_5641.JPG
 
▼三の丸跡
_MG_5649.JPG
 
 
西や北方向に開けているので味間地区や畑地区の集落や篠山城跡なども見渡せます。
 
▼真南条や城南小学校方面
_MG_5650.JPG
 
▼味間地区方面
_MG_5653.JPG
 
▼畑地区方面
_MG_5659.JPG
 
日の光もよく入って明るいため、開放的な気分になります。
 
山頂には大きな波多野秀治公の碑があります。この日を眺められる場所にきれいなベンチがあり十分にくつろぐことができます。
 
▼波多野秀治公の碑
_MG_5663.JPG
 
▼本丸跡
_MG_5669.JPG
 
 
下山は藤之木坂登山口に向けて下りていきます。
 
▼分岐路
_MG_5725.JPG
 
 
つつじが咲いており、カラスアゲハでしょうか、蜜を求めて飛んでいました。
 
▼つつじとアゲハ
_MG_5702.JPG
 
時間帯の関係でもあるのでしょうが、下りは木漏れ日がきれいだなと感じられる明るさでした。
 
▼木漏れ日
_MG_5717.JPG
 
はりつけの松跡とされている場所からしばらくは松ぼっくりがたくさん落ちている道でした。
伝承されるだけあって、「なるほど、松か」と思わされるところでした。
 
▼はりつけの松跡
_MG_5853.JPG
 
▼まつぼっくりの道
_MG_5859.JPG
 
 
木々の間から東方面ものぞくことができるようになりました。
景色も篠山市辻方面がよく見えるようになり、京都方面の出入りを警備するにはもってこいの場所ということが実感できました。
 
▼日置のバイパス
_MG_5867.JPG
 
 
藤之木坂登山道入り口に帰ってきました。
 
▼藤之木坂登山道入り口
_MG_5881.JPG
 
 
登り始めから降りてくるまで、約2時間でした。
急な坂道や階段状の登山道のため、トレッキングポールがあれば足の負担も分散されると思います。
これから登ってみようと思われる方、ケガの無い様に登ってください。
 

このページの先頭へ戻る