高城山に登ってきました2(ささやま写真新聞)

高城山にもう一つ登山道があるのをご存知ですか?
野々垣登山口です。
 
▼野々垣登山口
_MG_5803.JPG
 
 
「高城山に登ってきました1」で紹介した登山道は整備され、擬木で階段が作ってあります。
こちらの登山道は自然な山道です。そして、結構緩やかです。
 
野々垣の登山口を入ると原っぱが開けており、その奥に登山道が続いていきます。
原っぱからすぐに、コンクリート製の谷止めが2カ所出てきます。
 
▼原っぱ
_MG_5805.JPG
 
▼谷止め
_MG_5806.JPG
 
それを過ぎればとても自然な登山道が現れます。
よく人が行きかうのか、道には草がありません。
登山道は沢に沿って延びています。
 
▼沢づたいの道
_MG_5808.JPG
 
沢も石垣が組まれところどころ滝が出現します。
 
▼石垣のある沢
_MG_5813.JPG
 
▼滝1
_MG_5783.JPG
 
▼滝2
_MG_5772.JPG
 
 
常に水の流れる音を聞きながら登ることができます。
すがすがしい気分になります。
沢なので、足元は大きい石があったり、ぬかるむ場所もあります。
そのようなところは沢を迂回するための丸木橋がかけられています。
 
▼石のある道
_MG_5760.JPG
 
▼丸木橋
_MG_5777.JPG
 
 
水辺の道のためトンボがたくさん飛んでいました。
最近あまり見ないイトトンボもいました。
 
▼トンボ1
_MG_5758.JPG
 
▼トンボ2
_MG_5743.JPG
 
 
水の音を聞いて、トンボを見ている間に朝路池跡につきました。
朝路姫が入水自殺をした悲しい伝説の場所です。
写真は少し明るくなってしまいましたが、少し暗く木漏れ日後きれいに差し込む厳かな雰囲気の場所です。
 
▼朝路池跡
_MG_5732.JPG
 
 
このすぐ上には藤之木坂登山口からの道と合流して山頂に続いていきます。
 
▼合流地点
_MG_5725.JPG
 
 
ぬかるみには野生生物の足跡があったりトンボが乱舞していたりと、とても自然な雰囲気の登山道です。
とても気軽に山に入っていける道のため、森林浴や少しのんびりしたいという方にはお勧めの登山道です。
足元は少し悪いので、防水の登山靴があれば快適です。
 

このページの先頭へ戻る