「下水道の日パネル展」を開催します(ささやま写真新聞)

毎年9月10日は下水道の日です。

下水道の日にちなみ、篠山市では市役所本庁舎1階市民ホールにてパネル展を開催しております。ぜひこの機会にご覧ください。

20180905_152226.jpg

▲篠山市のデザインマンホール(9種)紹介

 

20180905_152248.jpg

 

▲篠山市が発行したデザインマンホールカードの紹介、下水道クイズ、雨水浸水対策の取り組みについて(京口排水ポンプ場)

 

20180906_135030.jpg

▲災害用マンホールトイレ実物の展示

 

期間

 平成30年9月6日(木)から平成30年9月11日(火)

 8時30分から17時15分(土日除く、期間の最終日除く)

 ※9月11日(火)は8時30分から12時まで

 

「下水道の日」とは、1961年(昭和36年)、全国的に遅れていた下水道の普及(当時の全国下水道普及率:6%)を図る必要から、このアピールを全国的に展開するために定められた「全国下水道促進デー」がその始まりです。

それから約40年が経過、21世紀を迎え、日本における近代下水道の基である旧下水道法が制定された1900年(明治33年)から100年を迎えたこと、また2001年(平成13年)が21世紀のスタートの年にあたることから、より親しまれる名称として「下水道の日」に改められ、9月10日を中心とした前後1週間に全国の自治体で各種催しが行われています。

 

このページの先頭へ戻る