災害を予防しつつ生きものにも配慮した川に(丹波ささやま写真新聞)

大芋地区の小倉川において、土砂堆積により河床が上昇し、防災面で問題があるため、土砂の撤去の工事を実施しました。

 

土砂撤去前の河床が上昇した小倉川
 ↑ 土砂撤去前の河床が上昇した小倉川

 

丹波篠山市では、美しい自然と生きものに優しい川をつくるため、「ささやまの川・水路づくり指針」を設けています。

市内を横断する篠山川の上流に位置する小倉川には、希少な水生生物が確認されており、過去にも河川の連続性を阻害する段差に魚道を設ける工事を実施しています。

 

過去に設置した魚道
 ↑ 過去に設置した魚道

 

今回の工事においても生きものの生息環境に配慮し、下記のような点に留意して実施しました。

 
・堆積土砂は全量を撤去するのではなく適度に残す。
・深みを設けたり、蛇行させることにより流速に変化を持たせる。
・水路との接続部分との段差を解消する。
 

また、工事は市の環境配慮工事の方針にご理解いただき、協定を締結している環境創造事業者によって実施していただいています。

 

土砂撤去後の小倉川
 ↑ 土砂撤去後の小倉川

 

部分的に設けた深み
 ↑ 部分的に設けた深み

 

今後、降雨後の流れの変化や、生きものの生息状況のモニタリングを実施し、効果を確認していきます。

このページの先頭へ戻る