結成50周年 節目の演奏会(ささやま写真新聞)

篠山市の市民オーケストラ「メロマン室内管弦楽団」が11月8日、たんば田園交響ホールで結成50周年記念演奏会を開催し、約500人の観客を魅了しました。

メロマン室内管弦楽団は1965年に当時の篠山町内の音楽愛好家や中高生で結成され、現在では近隣市町などの団員も合わせて39人を数えます。今回の演奏会にはOBや団友なども加わり、約70人が出演しました。

代表の萩森学さんは「50年間続けてこられたのは、オーケストラの名曲を演奏しようという団員の熱意と、演奏会などを聞きに来てくださった観客の皆さんのおかげ。これからもメロマン(メロディーのマニア・造語)の歴史を築いていきたい」と話されていました。

IMG_8771.JPG

このページの先頭へ戻る