魚見つけたよ! 城東小4年 曽地川で(ささやま写真新聞)

城東小学校の4年生が5月29日(火曜日)、曽地川の生きもの調べに挑戦しました。
この取り組みは、環境分野に詳しい市民が講師となって授業を行う「エコ・ティーチャーのおもしろ環境講座」を活用して実施されたものです。

講師を務めたのは篠山東雲高校の田井彰人先生と同校2年生の生徒の皆さん。
魚の種類や上手な捕り方を丁寧に教えていただきました。

P5290386.JPG

P5290395.JPG
 

 

はじめはお友達と固まって恐る恐るでしたが、高校生のお兄さんお姉さんに教えてもらいながら、水際の草のあたりを網でゴソゴソしたり、底の岩をひっくり返したり、夢中になって生きものを探しました。
カワムツやムギツク、シマドジョウなどの魚やサワガニ、カワニナ、ヤゴなど、たくさんの生きものを捕まえることができました。

P5290401.JPG

P5290417.JPG
 

捕まえた生きものや曽地川の環境について、高校生の皆さんから解説。
サワガニや絶滅のおそれのある野生生物をまとめた「レッドリスト」に掲載されているシマドジョウが見つかったことから、曽地川はきれいな水で希少な生きものにとっても暮らしやすい環境であることがわかりました。

P5290426.JPG


小学校のすぐ近くにすばらしい自然環境が広がっていることの良さを実感しました。

 

このページの先頭へ戻る