篠山東野球少年団、夏の兵庫県大会へ!(ささやま写真新聞)

6月9日、県大会への出場権をかけた少年野球夏の大会で、篠山東野球少年団が優勝しました。

この日は、予選を勝ち進んだ4チーム(篠山・篠山東・味間・城南)でのトーナメント戦でした。

準決勝の味間戦では、主将で先発の木戸柊太さん(城東小6年)が相手打線を1安打完封し、3対0で決勝へ進出。

決勝の篠山戦は、序盤からまたも投手戦となりましたが、5回に下位打線からチャンスをつくり、バッテリーエラーとタイムリーなどで3点をとりリードを広げると、投げてはエースの波部仁奈さん(城東小6年)がリートを守り、7対1で優勝を勝ち取りました。

キャプテンの木戸柊太さんは「先週の北兵庫大会では接戦で負けてしまい、悔しかったので今日はみんなで全力でやろうと臨んだ。篠山東は明るくて元気なチーム。県大会では全員野球で、勝ち進みたい。篠山市の代表として頑張ってきます」と話していました。

県大会(近畿ろうきん杯学童大会)は8月4日から北播磨で開催される予定です。

がんばれ、篠山東野球少年団!

全員で集合写真

試合の様子

試合の様子

試合の様子

このページの先頭へ戻る